« 高騰 | トップページ | 栗東へ旅立つ »

2014年5月25日 (日)

あの連闘さえなければ…

色々とブログを読んでたら
ウインギガシャトルの記事に辿り着いて
表題の「あの連闘さえなければ…」
との文言が記されてた

あの連闘とは未勝利→すずらん賞の連闘
ウインギガシャトルは高額な馬だったし
池江泰郎厩舎、馬格もあり性格も穏やかで
クラシックを夢見る馬だった
たぶんブログを書いた人も同じように
期待してたと思う。
当時の池江泰郎厩舎には確かサブジェクトがいた
クラシックの期待はサブジェクト
血統的に距離の限界が短そうなウインギガシャトルは
短距離路線に回されたようだ
騎手の起用を見ても調教師が期待してない事は
ある程度伝わってくる
それでも結果を出せば変わると思ってた矢先に
屈腱炎を発症、1年くらいの休養、屈腱炎再発。
連闘したから屈腱炎になったわけじゃないし
調教師の期待やローテーションは個人的な妄想だけど
一口馬主やってて一番期待してた馬だったな
懐かしい

ウインギガシャトルの前に出資してた
ウインヴィーナスも屈腱炎になった
カネヒキリもウインバリアシオンも
屈腱炎になった
復帰出来る馬と出来ない馬の差はどこにあるんだろう?
早く効果的な治療法が出来るといいのに…
出資している
ウイントゥモロー
ウインベーネ
ウインハインズは健康な競走馬生活を送ってくれるか?


まだ完治したかわからないけど
ウインバリアシオンにはGIを勝ってほしいな!

« 高騰 | トップページ | 栗東へ旅立つ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577496/59700858

この記事へのトラックバック一覧です: あの連闘さえなければ…:

« 高騰 | トップページ | 栗東へ旅立つ »

.

  • Amazon.
  • 出資馬
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

↓↓↓↓↓↓↓

  • 楽天
無料ブログはココログ