« 7戦目のウインベーネ | トップページ | 増え続けるIDとパスワード »

2015年3月24日 (火)

証明写真ボックスビジネス

一時期流行った(と思う)
コインロッカービジネスをふいに思い出した
こういうプチ金儲け的なネタを
専門に取り扱う雑誌があったんだよね
「頭で儲ける時代」
この雑誌読んでた
胡散臭い情報の宝庫で

(「頭で儲ける時代」にコインロッカービジネスが紹介されてただけで
コインロッカービジネスが胡散臭いと言うわけでは無いけど)

こんなのに飛びつく人いるのかなと思いつつ
楽して儲かる話ばかりを扱っているので
毎号読んでるうちに洗脳されそうになったりした
バルチックカレーが1番印象に残ってるかな
ちょうど読み始めた頃に出資者を募ってたはず

行く末はこんな感じ

気になったので雑誌も検索したら
行く末はこんな感じ

まあ楽して儲かる話なんてそうそう無いだろうし
そんな話があっても雑誌を作ってみんなに紹介するもんだろうか?

そうは言っても洗脳されかかった過去があるから
私は詐欺に遭う可能性が十分にある人種なのです

高齢になっても振り込め詐欺には引っかからないと思う
なぜなら振り込め詐欺の事例は
家族愛につけ込んでいる事例ばかり
お金を拠出する事に関して儲かる要素が無いからだ
そして電話で儲け話をされてすぐに振り込むことは無い
ある程度検討するし相談もするからね

でも、お金儲けの話になれば
詐欺にひっかかる可能性は大きい
今後十分注意して生活していかなくちゃ


なぜコインロッカービジネスを思い出したかと言うと
証明写真ボックスの話が職場で浮上したから
システムはこうだ
Aは保証金を支払い、集金する(私の職場)
Bは土地と電気代を提供する
Cは証明写真ボックスを設置する

Aは売り上げの3割
B、Cについては不明

コインロッカービジネスと同じだ
aはコインロッカーを購入する
bは土地を提供する
cはメンテなどをする
分配比率は概ね
a、bが40から45%
cが10から20%
リスクを負うのはaだけですね
ちなみに勧誘のパンフレットには
回転率200%×30日=18,000
コインロッカー10箱で180,000とか書いてあるんだけど
毎日毎日そんなに利用されないだろうな

証明写真ボックスはコインロッカーより値が張るだろうから
リスクはCも負うわけだ
でも証明写真ボックスって色んな会社が設置先を探していて
たいていの場合は無償提供(つまりCの立場の人が設置&メンテ等)
なんで保証金が必要なのか全くわからない
職場で浮上した話を持ち込んだのはどのような業者なのか知らないけど
胡散臭いことこの上ないと思うのは私だけなのだろうか?

« 7戦目のウインベーネ | トップページ | 増え続けるIDとパスワード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577496/61330898

この記事へのトラックバック一覧です: 証明写真ボックスビジネス:

« 7戦目のウインベーネ | トップページ | 増え続けるIDとパスワード »

.

  • Amazon.
  • 出資馬
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

↓↓↓↓↓↓↓

  • 楽天
無料ブログはココログ