映画

2017年10月19日 (木)

スイスアーミーマン

映画のテーマは
人の生死なのか友情なのか
孤独なのか幸福感か?
色々考えるけど
ちょいちょい笑いを入れてくるんだよね
ちょっと重いテーマ(と思う)でも退屈しない
予告編の最後でメニーに乗って
海を滑走するシーンが冒頭出てきて
イメージと違う展開
死体がしゃべるとか舐めてるよね!
全体的に出演人物は2人
制作費はそれほどかかってないと
思うけど訴えかけるシーンと
くだらない笑いの波状攻撃
エンディングはしんみりと終わるのかと
思わせてメニーは笑顔で水上滑走
この映画好きです
タイトルの意味がわかんないけど…

2017年10月11日 (水)

プラネタリウム

リリー・ローズ・デップて
ジョニー・デップに似すぎですね
劇中の1930年代、世界史に詳しくないと
ストーリーと言うか映画のテーマが
わかりませんね、難しい!
横のお客さん結構早いうちから爆睡

2017年10月10日 (火)

エルネスト

日本のシーンは広島でのロケ

時代がわかりにくくなるように
被写界深度を浅くしたり
カットを工夫してみた撮影たいへんそう
キューバ革命後のボリビア人留学生
日系二世のフレディーを演じるのは
オダギリジョー

仮面ライダークウガのイメージが強すぎて
変身しそうだけどいい味出してました
ここでも超好青年!
彼はいい人の役が似合いますね

医者を志してるのに奨学金を断って
革命に参加する、自分には出来ない
日本にも危機が迫っている時代に
改めて自分のショボさを感じる映画だった

2017年10月 3日 (火)

ドリーム

人種分離政策時代のアメリカが
舞台なので随所に当時の描写があって
トランプ大統領を軽く皮肉ってると思うのは
考えすぎだろうか?
そして女性蔑視も当たり前みたいに
なってる時代の中
本部長の英断は気持ちいい裁定
それにしてもケヴィン・コスナー太ったな

IBMのコンピューターが導入されて
プログラムをパンチで打ち込んでる時代に
宇宙に人を送り出すのだから驚く
そして人による計算が信頼できるという
パイロットの言葉も重みがある
現代なら有り得ないけど結局
コンピューターを作るのも動かすのも
人間の仕事なんだよね

生まれて初めて満席の劇場で観た
この映画は年配の方に人気あるんですね

2017年10月 2日 (月)

50年後の僕たちは

生真面目で少し浮いた存在のマイク
転校生で周りに馴染めないチック
盗んだ(借りたと言ってるけど)車で
目的もなく走りつづける
夏の冒険で変わっていく
二人の心情や旅の途中で出会った
謎の女性イザとの揺らぎ
たいして内容も無いけど
いい映画だと思えたのは
無鉄砲な年齢でしか味わえ無い
感覚になれたからかな
14歳の夏って何してたっけ?

2017年8月16日 (水)

世界は今日から君のもの

全編を通して超イラつくキャラの真実
ちょっと度が過ぎた演技のような
気がしたけど引きこもりを表現したら
こうなっちゃったのかもしれませんね
恵利香の家に居候するくだりを
描写していないところは少しズルい
これだけキャラの違う人同士が
一緒に暮らすというのは無理があるからね
かなりイライラしたけど真実が少しずつ
社会に馴染もうとして
一歩進んでは後戻りしていたけど
最後は自分の居場所を確立できて良かった
橋を駆け抜けるシーンで終わったら
モヤモヤしたけどはっきりとした
ハッピーエンドで個人的には好きな幕引きでした

2017年5月10日 (水)

サラエヴォの銃声

1914年第一次世界大戦の引き金となった事件
サラエボ事件になぞらえて
表向きはヨーロッパの一流ホテル
内実は賃金未払い経営破綻寸前のホテル
不満をつのらせた従業員はストライキの準備中
決行日はサラエボ事件から100年の記念式典の日
ホテル側はストを中止させようと
反社会的勢力に依頼する
同日ホテルの屋上ではサラエボ事件の当事者子孫が
インタビューを受けているという状況
そんな中一発の銃声で運命が交錯していく…
的な事があらすじとして書いてあったけど
難しすぎてわかりません
普通に眠くなったし内容もイマイチ理解出来ず
同じ時間に上映していた
カフェソサエティーを観るのが正解でしたね
ダニス・タノヴィッチ監督

2017年5月 5日 (金)

汚れたミルク

ネスレ・ボイコット
映画の題名にもあるように粉ミルクを
不衛生な水で溶かして飲む事で病気になったり
量を増やすために過度に薄めて使用する事により
乳児が栄養失調になったりする事が深刻な
社会問題となり1960年代に世界各地で起こった不買運動

ネスレがやり玉に挙がっているけど
粉ミルクを製造販売している業者は他にも
あったと思いますがなぜなんだろう?

映画ではプロデューサーと弁護士のやり取りで
実名を出すのはマズい的な会話があるけど
1度だけ「ネスレ」と出るんだよね
その後の字幕は多国籍企業
この1度だけ出した事の意味は大きくて
ネスレ・ボイコットを知らなかった自分が
この社会現象を知ろうとする事になるのだからね

実はこの映画2014年に撮られてから
いくつかの映画祭で上映されただけで
劇場公開は日本が初めてなんですって
配給会社がビビって公開できないなんてね
巨大な企業と闘ったあるサラリーマンと家族
それを映画にした監督・スタッフの思いを考えて
もっと多くの人に観てもらえるようにしてほしい

それにしても最後のクレジットが流れる時間は
ホントに重苦しい数分間だった

2017年5月 2日 (火)

僕とカミンスキーの旅

美術評論家セバスチャンと
老画家がヨーロッパを巡る旅を描いた作品
列車移動中の景色と老画家の心情の
変化を楽しむのが正しい見方ではないでしょうか?
セバスチャンとカミンスキーのやり取りで
お話は進みつつ裏ではセバスチャンの離婚問題
序盤はそんなん不必要やろ!と思ってたけど
カミンスキーの昔の恋人に会いに行く旅で
活用される伏線だったのね
私はこの映画好きです、でも派手な映画が好きな人には
全くおもしろくないと思います

2017年4月25日 (火)

T2 トレインスポッティング

トレインスポッティングの続編ですね
内容はトレインスポッティングから20年後
彼らの荒れた日常を描いた作品で
おおよそ想像出来た未来
ベグビーは相変わらず狂ってる
前作ホテルで暴れた後逮捕収監されたか?
シックは日本風に言えばデリヘル嬢を
派遣して盗撮→ゆすりたかり
マークはパクったお金である程度まともに
暮らしてたのか?
期間が空いたので序盤はどんな人物だったか
忘れていたけど何も成長していなかったねww
スパッドは前作がクソで今作がゲロ
そういうキャラ設定だから仕方ないけど
けっこうリアルな感じで気持ち悪かったな
前作観てないと何が何だかわからない
内容だと思うけどテンポがいいし
音楽もいいのでMV観る感覚でもいいかも

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.

  • Amazon.
  • 出資馬
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

↓↓↓↓↓↓↓

  • 楽天
無料ブログはココログ